SACO WORKOUT WELL

初めての方はこちら
体験予約

TRIAL(体験60分)

7,000円(税別) / 1

施設利用(ロッカー・シャワー) / タオル・レンタルウェア・アメニティ/ カウンセリング「カラダの動かし方の健康診断」(FMS・3Dセンサーバランス測定・体組成計)

お客さまの現在の姿勢や動きの癖、身体の歪みや柔軟性、体組成などを測定。カウンセリングによってお客さまの目的を確認後、トレーナーミーティングによって協議後に、あなただけのカスタママイズされたエクササイズプランを作成します。S.O.A.P.システム=「カラダの動かし方の定期検診」を行うことによって、お客さまのカラダの状態と現状の目的を継続的に確認し、エクササイズプランをアップデートしていきます。入会時と入会から3か月毎に必ず受講をしていただいております。
※身体評価からトレーニングまでご体験頂きます。お一人様1回限りのご利用になります。

3つのポイント

  • マンツーマンサポート

    専属トレーナーがあなたの健康面も含めてサポートします。

  • 手ぶらで気軽に通える

    施設利用(ロッカー・シャワー)ウェア一式、タオル、水・アメニティ貸出し等のトレーニングに必要なものは全て完備します。

  • 見える化

    「カラダの動かし方の健康診断」(FMS・3Dセンサーバランス測定・体組成計)を行い、あなたのトレーニング効果を見える化します。

体験の流れ

Step 01

カウンセリング(10分)

トレーナーと現在の身体の状況や目標などを共有。

Step 02

動作評価(30分)

計7項目の身体の測定、身体の使い方・動き方やバランス・筋力・呼吸などを統合的に確認。

Step 03

体組成測定&フィードバック(20分)

体組成測定も行い数値的な現状把握。 動作評価や目標に基づいたトレーニングの方向性を設定。 施設利用(ロッカー・シャワー) / タオル・レンタルウェア・水・アメニティ貸し出し カウンセリング「カラダの動かし方の健康診断」(FMS・3Dセンサーバランス測定・体組成計)を行います。

引き締まった健康的なカラダを作るために

Blog

2021.3.3

おはようございます。

本日は、引き締まった健康的なカラダを作るために必要な栄養素「タンパク質」について書きたいと思います。

 

タンパク質がカラダ作りに必須であることは、皆さんもご存知だと思われます。

肉・魚・卵・大豆製品、乳製品などに多く含まれている栄養素であり、臓器・皮膚・骨・髪の毛などの主要成分として存在するほか、カラダの機能を調整するホルモン・酵素・抗体などの材料になります。

それでは皆さん、①その他の働きとアミノ酸②必要量③摂り過ぎた場合のカラダへの影響

これら①〜③についてはご存知でしょうか。

 

①その他の働きとアミノ酸

タンパク質は、炭水化物や脂質とともに「エネルギー産生栄養素」の一つです。炭水化物が優先的にエネルギー源として使われますが、不足してしまうと体内のタンパク質や脂質をエネルギー源として使うのです。

あとタンパク質は、アミノ酸が多数繋がって構成されている高分子化合物です。タンパク質を構成するアミノ酸は20種類と言われており、そのうち11種類は人の体内で糖質や脂質から合成できる「非必須アミノ酸」、残り9種類は人の体内では合成できないため食品から摂取する必要のある「必須アミノ酸」となります。

体内に取り入れられたタンパク質はアミノ酸に分解され、それぞれの働きに必要なタンパク質(体タンパク質・酵素・ホルモン・抗体)に再合成されます。

 

②必要量

一般的に、体重の約1.5倍のタンパク質が必要であると言われています。

例:体重60kgの場合

60×1.5=90g

卵1個=7gのタンパク質。

90÷7=12.9個

約13個の卵を摂取する必要がある。

 

上記はあくまで一般的な目安であるため、運動をしている方はもっと必要になります。

さすがに卵だけで必要量を補うことは厳しいと思われるので、さまざまな食品から補っていくことをオススメします。

 

③摂り過ぎた場合のカラダへの影響

・肝臓・腎臓の機能低下

タンパク質も多く摂れば良いというわけではありません。タンパク質には窒素が含まれています。アミノ酸に分解する過程で、窒素はアンモニアに変わります。アンモニアを尿素に変換するのが肝臓の役目であり、尿素は腎臓を経て、尿に混じって体外へと排出されます。タンパク質を過剰に摂取すると、窒素の処理のために肝臓と腎臓が酷使され、機能低下へつながると言われております。

ただ、科学的根拠が現段階でそこまでないと言われていることから信憑性に欠けるとの声もあるのですが、もともと肝臓や腎臓が弱い場合はタンパク質の過剰摂取には十分に注意が必要です。

 

・骨粗鬆症のリスクを高める

タンパク質を過剰に摂取すると、体内が酸性寄りになります。それを中和するために、骨のカルシウムが利用され尿とともに排出されることから、骨粗鬆症を招くと言われております。ただ、これに関しても決定的な根拠が現段階でないとのことですが、リスクを高める可能性は十分にあるとのことです。

 

・尿路結石になるリスクを高める

尿路結石とは、腎臓、尿管、膀胱、尿道といった尿路にできるシュウ酸カルシウムやリン酸カルシウムなどの塊のことを言います。

シュウ酸カルシウム結石は、尿中に排出されたカルシウムと、ホウレンソウやコーヒーなどに含まれるシュウ酸が結合し、結晶となって成長したものです。この結晶化や成長を抑えるのがクエン酸やマグネシウムなのですが、動物性タンパク質はクエン酸を減少させ、尿中のカルシウムやシュウ酸を増加させると言われているのです。

ただ、この件に関しても決定的な根拠が現段階でないとのことですが、リスクを高める可能性は十分にあるとのことです。

 

どれだけ必要と言われていても、摂り過ぎはリスクを招きます。

現段階では根拠はなくても、年月が経てばそれが本当になるかもしれないので、デメリットも知っておくことは必須であると考えます。

 

 

今回は、引き締まった健康的なカラダを作るために必要な栄養素「タンパク質」について書かせていただきました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

気に入っていただけたら、LINE@(下記QRコード)の登録をぜひよろしくお願いします。

それでは、明日の投稿もお楽しみに。

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

WORKOUT FOR LIFE

あなたにとって生涯に一人の

ライフスタイルトレーナーとして

理想のカラダと、将来にわたる健康をご提案します。

WEB:https://www.saco-workoutwell.jp

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

SACO WORKOUT WELL NIIGATA

新潟県新潟市中央区礎町通一ノ町1955

TEL:025-378-5739

SACO WORKOUT WELL FUKUOKA

福岡県福岡市早良区高取2-17-43

TEL:0120-35-3514

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

※ご相談、お問い合わせはメールまたはLINE@、お電話にてお受けしております。

メールまたはLINE@でお問い合わせいただける方はこちらをご確認ください。

①お名前

②ご連絡先

③ご質問、お問い合わせ内容

お得な情報はLINE@にて配信いたします。

この機会にご登録ください。

LINE@は下記のQRコードを読み取りください。

SHARE ARTICLE Facebook Twitter

NIIGATA
〒951-8055 新潟県新潟市中央区礎町通一ノ町1955
TEL025-378-5739 / FAX025-378-5728

FUKUOKA
〒814-0011 福岡県福岡市早良区高取2-17-43
TEL0120-35-3514

TOP