SACO WORKOUT WELL

初めての方はこちら
体験予約

TRIAL(体験60分)

7,000円(税別) / 1

施設利用(ロッカー・シャワー) / タオル・レンタルウェア・アメニティ/ カウンセリング「カラダの動かし方の健康診断」(FMS・3Dセンサーバランス測定・体組成計)

お客さまの現在の姿勢や動きの癖、身体の歪みや柔軟性、体組成などを測定。カウンセリングによってお客さまの目的を確認後、トレーナーミーティングによって協議後に、あなただけのカスタママイズされたエクササイズプランを作成します。S.O.A.P.システム=「カラダの動かし方の定期検診」を行うことによって、お客さまのカラダの状態と現状の目的を継続的に確認し、エクササイズプランをアップデートしていきます。入会時と入会から3か月毎に必ず受講をしていただいております。
※身体評価からトレーニングまでご体験頂きます。お一人様1回限りのご利用になります。

3つのポイント

  • マンツーマンサポート

    専属トレーナーがあなたの健康面も含めてサポートします。

  • 手ぶらで気軽に通える

    施設利用(ロッカー・シャワー)ウェア一式、タオル、水・アメニティ貸出し等のトレーニングに必要なものは全て完備します。

  • 見える化

    「カラダの動かし方の健康診断」(FMS・3Dセンサーバランス測定・体組成計)を行い、あなたのトレーニング効果を見える化します。

体験の流れ

Step 01

カウンセリング(10分)

トレーナーと現在の身体の状況や目標などを共有。

Step 02

動作評価(30分)

計7項目の身体の測定、身体の使い方・動き方やバランス・筋力・呼吸などを統合的に確認。

Step 03

体組成測定&フィードバック(20分)

体組成測定も行い数値的な現状把握。 動作評価や目標に基づいたトレーニングの方向性を設定。 施設利用(ロッカー・シャワー) / タオル・レンタルウェア・水・アメニティ貸し出し カウンセリング「カラダの動かし方の健康診断」(FMS・3Dセンサーバランス測定・体組成計)を行います。

微量栄養素の基礎学

Blog

2021.2.28

本日は、微量栄養素という(ビタミン・ミネラル)についてお伝えしていきます。

 

微量栄養素(ビタミン・ミネラル)は、主に「体調のコントロール」をするという大切な役割があります。

一見難しそうに感じますが、よく耳にするビタミンC、ビタミンB、カルシウムや亜鉛などのことを指し、

疲労や老化など私たちの身近なことに関わっています。

 

—–ビタミン—–

ビタミンは、縁の下の力持ちと言われており、タンパク質、脂質、炭水化物の働きを促進してくれます。

また、ビタミンが不足により老化、臓器の数値の悪化、様々な病気の元になる場合もありますので注意が必要です。

ビタミンにはA・B・C・Dなど、13種類あり水溶性と脂溶性と2種類に大別されます。

 

脂肪性ビタミン

油で溶けやすいビタミン。

視野を正常にしたり、免疫力アップなどの機能があり主に24時間で尿中へ排泄されます。

 

水溶性ビタミン

水に溶けやすいビタミン。

イライラしなくなったり、代謝をよくしたり主に2〜4時間程度で尿中に排泄されます。

 

また、ビタミンは13種類ある中で、特に摂取できていないビタミンがB群と言われています。ビタミンB群はあらゆる種類の酵素の補酵素として働いており、代謝ビタミンとよばれ、私たちが生きるための源であるエネルギーをつくるのに必須です。

 

・ビタミンB1

働き:糖質をエネルギーに変える。

食品:豚肉、玄米、枝豆、かつお

 

・ビタミンB2

働き:脂肪をエネルギーに変える。

食品:レバー、うなぎ、ぶり

 

・ビタミンB6

働き:タンパクの合成を促進。

食品:カツオ、マグロ、鮭、ささみ、レバー

 

 

—–ミネラル—–

ビタミンと同じように縁の下の力持ちと言われており、タンパク質、脂質、炭水化物の働きを促進してくれます。

また、相互関係を持ちながら酵素と結びつき、食物の消化・吸収、老廃物の排泄などの活性化を助けます。

 

地球上には役118種類のミネラルがありますが、人間に必要とされているミネラルを必須ミネラルといい16種類あります。ミネラルは体内でつくることができないため、食べ物などから摂取する必要があります。

 

【必須ミネラル】

ナトリウム、マグネシウム、リン、硫黄、塩素、カリウム、カルシウム、クロム、マンガン、鉄、コバルト、銅、亜鉛、セレン、モリブデン、ヨウ素

この中でも、特に必要とさせるミネラルが

・カルシウム(Ca)

働き:筋肉の収縮。

食品: 乳製品、小魚、大豆食品

 

・マグネシウム(Ma)

働き:筋肉へ指令を送り収縮させる(神経伝達)

食品: しらす干しや貝類、大豆食品、海藻類

※食品から規定量摂取は難しいためサプリメントから補うのをオススメ

 

 

・鉄(Fe)

働き: 血中で酸素を運ぶヘモグロビンの成分。酸素を肺からカラダのすみずみまで運ぶ。

食品: レバー、赤身肉、イワシ、カツオ

普段の食事の中で、ミネラルもしっかりと摂ることか大切です。

 

・亜鉛(Zn)

働き:筋合成に働くホルモンの合成。

※男性:テストステロン/女性:エストロゲン

食品: 牡蠣、牛肉、カニ、卵(黄身)

 

これまでお話ししてきた内容が、微量栄養素となります。

是非、参考にしていただければと思います。

SHARE ARTICLE Facebook Twitter

NIIGATA
〒951-8055 新潟県新潟市中央区礎町通一ノ町1955
TEL025-378-5739 / FAX025-378-5728

FUKUOKA
〒814-0011 福岡県福岡市早良区高取2-17-43
TEL0120-35-3514

TOP