SACO WORKOUT WELL

初めての方はこちら
体験予約

TRIAL(体験60分)

7,000円(税別) / 1

施設利用(ロッカー・シャワー) / タオル・レンタルウェア・アメニティ/ カウンセリング「カラダの動かし方の健康診断」(FMS・3Dセンサーバランス測定・体組成計)

お客さまの現在の姿勢や動きの癖、身体の歪みや柔軟性、体組成などを測定。カウンセリングによってお客さまの目的を確認後、トレーナーミーティングによって協議後に、あなただけのカスタママイズされたエクササイズプランを作成します。S.O.A.P.システム=「カラダの動かし方の定期検診」を行うことによって、お客さまのカラダの状態と現状の目的を継続的に確認し、エクササイズプランをアップデートしていきます。入会時と入会から3か月毎に必ず受講をしていただいております。
※身体評価からトレーニングまでご体験頂きます。お一人様1回限りのご利用になります。

3つのポイント

  • マンツーマンサポート

    専属トレーナーがあなたの健康面も含めてサポートします。

  • 手ぶらで気軽に通える

    施設利用(ロッカー・シャワー)ウェア一式、タオル、水・アメニティ貸出し等のトレーニングに必要なものは全て完備します。

  • 見える化

    「カラダの動かし方の健康診断」(FMS・3Dセンサーバランス測定・体組成計)を行い、あなたのトレーニング効果を見える化します。

体験の流れ

Step 01

カウンセリング(10分)

トレーナーと現在の身体の状況や目標などを共有。

Step 02

動作評価(30分)

計7項目の身体の測定、身体の使い方・動き方やバランス・筋力・呼吸などを統合的に確認。

Step 03

体組成測定&フィードバック(20分)

体組成測定も行い数値的な現状把握。 動作評価や目標に基づいたトレーニングの方向性を設定。 施設利用(ロッカー・シャワー) / タオル・レンタルウェア・水・アメニティ貸し出し カウンセリング「カラダの動かし方の健康診断」(FMS・3Dセンサーバランス測定・体組成計)を行います。

大浦 優斗トレーナー
新潟県長岡市出身。5歳から空手を始め、中・高・大学時代はボクシングに打ち込む。卒業後、スポーツクラブでのアルバイトを経て、2016年SACO入社。高校・大学では、ボクシング選手として全国大会を戦いぬいたが、それは減量との戦いでもあった。十分な知識や情報のない中、極端なカロリー制限と偏った食事で体調をくずしたこともあったという。その経験から、今は「食」を重視。お客様には栄養士とタッグを組んでバランスのいい食事を指導し、自身も心がける。「食べるものがカラダを作り、健康を作る。ここが基本なんです」と考えている。

Facebook Instagram

EXPERTISE/専門

Weight loss through nutrition and exercise coaching
Athletic performance
Strengh and conditioning
Weightlifting
Corrective exercise

QUALIFICATION/資格

NESTA-PFT
NESTA Kids Coordination Trainer
NESTA Senior Fitness Trainer
Japan Walking Specialist Association

食べることが基本

幼い頃から格闘技に打ち込んできた。高校1年では、ボクシング全国選抜で8位入賞。特待生として入学した大学では、毎年5月から12月の間で2階級を行き来しながら、リーグ戦、全国大会を戦いぬいた。それは減量との戦いでもある。「当時は、監督も僕も食についての知識が乏しく、カロリーだけを考えていたから、かなり偏った食べ方をしていました。そのせいか、よく風邪を引きました」。その経験があるから、今は「食」を重視。バランスのいい食事をお客様にも指導し、自身も心がける。「食べるものがカラダを作り、健康を作る。ここが基本なんです」。

強さとしなやかさ

運動選手の宿命ともいえる故障。大浦も19歳で腰を痛め、「治りきらないのに動いて、また痛めて。だましだましやっていた」という。卒業後に働いたスポーツジムで、初めて運動理論、カラダの機能について体系的に学び、迫代表との出会いを経て、コンディショニングやケアの方法を身に付けた。「カラダは強いばかりではだめ。強さとしなやかさのバランスが必要」。それは、将来もずっと動けるカラダ作りにも通じること。大浦は、柔軟生の大切さを伝えていきたいと言う。

お客様の近くに

筋肉を付けたいと入会してきた男性。2ヵ月間で65㎏のベンチプレスを上げられるようになり、「変われてうれしい」と笑った。糖尿病の合併症で右半身の感覚が鈍いという男性は、やはり2ヵ月で「足の指の感覚が戻ってきた」と喜んだ。自分が関わることで、お客様が変わる、その達成感がやりがいだと大浦。「心身ともにストレスなく、このジムで運動して、健康になっていただきたい」。そのために、十分にコミュニケーションをとって、お客様に寄り添っていきたい。会社では話せないことも、ここでは話せる――そういってもらえる存在を目指している。

NIIGATA
〒951-8055 新潟県新潟市中央区礎町通一ノ町1955
TEL025-378-5739 / FAX025-378-5728

FUKUOKA
〒814-0011 福岡県福岡市早良区高取2-17-43
TEL092-832-1222

TOP