SACO WORKOUT WELL
牛尾 真一トレーナー
大阪府高槻市出身。剣道・水泳・軟式野球・バレーボールを経験。専門学校のアスレチックトレーナー科を卒業し、スポーツクラブに勤務。2014年SACO入社。幼い頃から運動が好き。将来はスポーツに関わる仕事がしたいとずっと思っていた。「直接お客様とふれあって、カラダを動かすことの楽しさや大切さを伝えたい」という牛尾にとって、1対1でお客様と話をしながら、その気持ちをくみとり、一番近くでワークアウトをサポートする、今の仕事はまさに天職。専門のスキルを生かし、科学的な理論や根拠をベースに、正しいワークアウトを教えている。

Facebook Instagram

憧れと現実

幼い頃から運動が好き。将来はスポーツに関わる仕事がしたいとずっと思っていた。スポーツトレーナーを目指して進学し、希望通りにスポーツジムに入社した。それなのに転職。「原因は、理想と現実のギャップです。僕は直接お客様とふれあって、カラダを動かすことの楽しさや大切さを伝えたかったのに、人材管理の仕事を任され、事務所にいる時間が多くなってしまって」。だから、SACOでの仕事が楽しいと牛尾は言う。1対1でお客様と話をしながら、その気持ちをくみとり、一番近くでワークアウトをサポートする。「これが天職です!」と、牛尾は笑う。

専門のスキルを活かす

高校時代の部活動で、怪我からの復帰でリハビリを経験。また、専門学校で学んだこともあり、牛尾はもともとコンディショニングが得意。肩こりや腰痛などのカラダの改善、機能性の向上はもちろん、安全かつ健康に体重や体型を変化させることにも、幅広くその知識や技術を活かしている。「頑張るのはいいけれど、無理をしてはいけない。科学的な理論や根拠をベースに、正しい方法を伝えています」。そして、新潟県の健康寿命を延ばすことにつなげたい――牛尾は大きな夢を抱いている。

一緒ならできる

牛尾は昨年、初めてベストボディジャパンに出場し、フレッシャーズ部門でファイナリストになった。今年も好成績を狙っている。「やれば変わる、カラダは変えられる!と、自分で証明して、お客様に刺激とやる気を与えたい」と、運動と食事で美しいシェイプを目指している。「その中で、誘惑とか迷いとかも経験するので、お客様の気持ちはよく分かります。僕だって一人ではできない、お客様や仲間がいるからできるんです」。伝えたいのは、一緒にやればできるということ。みんな、同じだということ。

牛尾真一のスケジュール

TOP